40キロのダイエット減量に成功した方法

 

 

サプリメントも、筋トレも運動も、食事制限も、

精神的な強さがなければ続かない。

心も潜在意識も、ダイエットを成功させる方向を目指していないと、

うまくいかないのだ。

 

天才ヒプノセラピストのミルトン・エリクソンは、

 

肥満に悩む女性たちのダイエットを催眠療法で成功させている。

 

 

 

スポンサード リンク

■ダイエットをあきらめていた30代女性

 

 

30代半ばの医師の奥さんが、体重減少のために、

ミルトン・エリクソンのもとへ訪れた。

 

ところが、この医師夫人は、

「私は、失敗することはわかってるわ」

と皮肉なことを言う。

 

医師夫人は、数々のダイエット法に挑戦したが、

どれも失敗していたので、ヒプノセラピーも失敗するだろうと、

あきらめていた。

 

つまり、潜在意識は失敗をイメージしているのだ。

 

医師夫人は10代のころから体重が増えはじめ、

ミルトン・エリクソンの治療院へやってきたときは、

280ポンド(約127キロ)だった。

 

あきらめてしまった人間に、

いくら素晴らしい療法を施しても、うまくいくわけがない。

ミルトン・エリクソンは、この医師夫人は過食を続けるだとうと確信した。

 

 

 

■催眠に入ってミルトン・エリクソンが指示したこととは?

 

 

ミルトン・エリクソンは、医師夫人を催眠誘導し、トランス状態に入れた。

そこで、ミルトン・エリクソンはこんなことを言った。

 

「今の面接と次の面接の間に、あなたは260ポンドの体重を維持するのに十分な

過食をしなければいけません」

 

それで、その日のセッションは終了した。

 

次の面接のとき、医師夫人はやってきて、こう言った。

「いままで数年のうちに、はじめて、食事を楽しみました」

そして、現在の体重は260ポンドであることを報告した。

 

3回目のセッションでは、催眠に入り、

「次の面接までに、体重255ポンドを過食して維持しなければいけません」

とミルトン・エリクソンは指示した。

 

4回目のセッションでは、「250ポンドを維持するよう」に指示した。

 

5回目のセッションでは、「238ポンドを維持するよう」に指示した。

「でも、あなたは、238ポンドに、3か4、あるいは5ポンド多くなっているでしょうね」

と付け加えた。

 

6回目のセッションで来院したとき、医師夫人はきっかり242ポンドだった。

「2人で、ばかげたゲームをしているように思えてきました。

しかし、有効に作用していると思えてからは心配しなくなりました」

と医師夫人は言った。

 

そこで、ミルトン・エリクソンは

「あと2週間、242ポンドの体重を維持してください」と命じた。

 

ところが、医師夫人は、減量したくてしかたなかった。

 

 

 

 

スポンサード リンク

■まとめ

 

 この医師夫人は、その2週間後、体重が190ポンド(約86キロ)になった。

ミルトン・エリクソンのもとにやってきたときは280ポンドだったので、

90ポンド(約40キロ)も減量したことになる。

 

さらに、医師夫人は、130ポンド(約59キロ)を目指してダイエットしている。

リバウンドはまったくない。

ますます体重は減っていった。

 

 

ヒプノセラピーの個人セッションのご予約はこちらです≫≫