シンクロニシティとは?

 

「偶然」と「ひらめき」をキャッチできれば、思いもよらない未来がやってきます。

 

「たまたま、○○さんと飛行機で隣の席に座ったんです。それが私の人生の大きな転機となりました」とか

 

「この大ヒット商品は、ホントに偶然の産物です」とか、

 

「突然、ひらめいたんです」とか、

 

成功者たちは、みな「偶然」や「ひらめき」をキャッチしています。

 

その「偶然」や「ひらめき」のことをシンクロニシティ(シンクロ)といいます。

夢を叶えるには、シンクロが不可欠なんですよね。

 

『シンクロニシティ・マネジメント』(堀内恭隆/サンマーク出版)を読んでみると、意図的にシンクロを起こすことができるというのが、ストンと理解できます。

そして、その方法も明確に書いてありました。

 

今回は、この本をひも解きながら、シンクロをどうすればマネジメントできるかをお話しします。

 

 

詳しく知りたい方はぜひ、本書を購読してみてくださいね。

 

 

■シンクロが大成功を生む!

2009年、東京のお台場に実物大のガンダムが出現して話題を呼びました。

動員数は、415万人。

目標動員数の3倍近い、大ヒットとなりました。

 

この企画は、当時のバンダイ代表取締役社長の上野和典氏が「偶然」ひらめいた企画でした。

 

上野氏はこう言います。

「予想を超えた大ヒットイベントでした。成功した理由を後付けで解説することはできます。しかし、それを事前に説明することはできません。というのも、お台場ガンダムは直感でひらめいた企画だったからです。本当は、企画趣旨をロジカルに説明することすら難しかったのです」

 

アイドルグループ「AKB48」も、プロデューサー秋元康氏が「偶然」思いついて誕生しました。

 

秋元氏はこう言います。

AKB48については『時代を先読みしたんですね』などと言われる。そんなことは、まったく予想できなかった。ヒットというものを相手にずっと仕事をしてきたが、視聴率20%も100万枚のCD売り上げも自分では目に見えない。(中略)

もし、あのとき、専門家を呼んでマーケティングをして、その分析に従っていたら絶対にAKB48の成功はなかった」

 

日経新聞に連載されている「私の履歴書」を読むと、「たまたま」や「偶然」という言葉がいっぱい出てきます。

 

日本の経済界でトップを走る人たちは、みんなシンクロを経験して成功しているのです。

 

では、成功する人と成功しない人の違いはどこにあるのでしょうか?

それは、偶然(シンクロ)を「偶然」で片づけなかったことです。

 

成功する人たちは、自分の人生にたまたまやってきたインスピレーションやひらめき、偶然起きた出来事を決して無視しなかったのです。

 

 

 

 

■シンクロニシティとは?

スイスの心理学者カール・グスタフ・ユングが、世界ではじめてシンクロの概念を提唱しました。

 

ユングはシンクロを「集合的無意識」として解説します。

「すべての人間の集合的無意識はつながっていて、だからこそ、『偶然の一致』や『虫の知らせ』などの直感やひらめきやインスピレーションが起こる」とユングは言っています。

 

「集合的無意識」は、他人の潜在意識とつながっているだけでなく、人類全体、宇宙全体、過去未来ともつながっていて、すべての情報がそこにあるのです。

 

だから、ここにつながると、自分の魂に刻まれている「自分が設定した望む未来」につながる情報を、集合的無意識からインスピレーションとして受け取ることができるのです。

 

では、どうすれば集合的無意識から必要なインスピレーションを受け取ることができるのでしょうか?

 

3つのステップで説明しましょう。

 

 

 

 

■ステップ1/身体の感覚を目覚めさせて、自分とつながる!

周囲の意見に影響を受けて、自分をないがしろにしていると、自分はいったい何をしたいのか、自分は何が好きなのかさえわからなくなってしまいます。

 

それでは、インスピレーションを受け取ることはできません。

 

いまの自分の「好き・快」を徹底的に追及することです。

そうすることで、体の感覚が目覚め、自分自身としっかりとつながり、日々を快適に生きることができます。

 

次の5つの質問を考えてみてください。

 

1)あなたが「いま」一緒にいる人は「好き・快」な人でしょうか?

2)あなたが「いま」過ごしている場所は「好き・快」な場所でしょうか?

3)あなたが「いま」していることは「好き・快」なことでしょうか?

4)「いま」あなたの五感は快適ですか?

5)あなたの感情は穏やかで喜びに満ちていますか?

 

すべてにおいて「好き・快」と答えられるようになれば、シンクロが次々と起こります。

 

そのためには、好きなことを最優先で素直に求めることです。

同じように嫌いなことは拒絶しましょう。

 

「やりたいことはやり尽くす。しんどいことはやめてしまう」

 

さらに、体を目覚めさせるうえで、もっとも重要なことがあります。

それは、人間の三大欲求の「食欲」、「睡眠欲」、「性欲」を満たさないと不感症になるってことです。

 

本能的欲求をすべて満たしていないと、自分の「欲しいもの」と「欲しくないもの」の判断基準がわからなくなってしまいます。

 

 

そういえば、成功者はよく食べて、よく寝て、そして、よくエッチしてますよね。

 

 

 

 

 

■ステップ2/心の感覚を目覚めさせて、周囲とつながる!

自分の心の感覚を目覚めさせると、人との「運命的な出会い」が感覚でわかるようになります。

 

しかし、この感覚を鈍らせてしまうものがあります。

それが、「心の穴」です。

「常識」「普通」「あたりまえ」というフィルターで、みんなと同じように行動していると「心の穴」がぽっかりと空いてしまいます。

 

ぽっかりと「心の穴」が空いていると、その「心の穴」を誰かを使って満たそうとしてしまいます。

 

そうやって、とんでもない相手と恋に落ちて、バトルが始まるのです。

 

「常識」「普通」「あたりまえ」というフィルターで、他人の価値観を押してつけてくる人がいたら、瞬殺で無視してあげましょう。

あなたは、あなたらしく自由に生きていけばいいんです。

 

あなたが、あなたらしく自由に生きていると、恋愛でも、ビジネスでも、プライベートでも、「あ、この人とは、今後、おもしろいことができそうだぞ」というワクワクするような感覚が浮かんでくるようになります。

 

実は、その相手こそが「運命の相手」なんです。

 

「この地球で一緒に遊ぼう!」と決めた運命の人たちがいるんです。

その人たちとあなたは、いまの時代に合わなくなった古い価値観や文化を壊して、新しい時代に合う、新しいものに生まれ変わらせることのできる仲間たちです。

 

そんな「運命の仲間」とは、これまでの体験や興味のあることが重なっていて、会話のなかにシンクロがいくつも出てきますので、すぐにわかります。

 

「それそれ、そう思ってたの!」とか

「いま言おうとしたことと同じ!」とか、

コミュニケーションがスムーズに流れる感覚があります。

 

ですから、人と会って、話すとき、その会話で起きるシンクロの感覚を大切にしてみてください。

 

そこで生み出されるインスピレーションは、それまでにないアイデアや企画、新しい文化の種になります。

 

 

 

■ステップ3/魂の感覚を目覚めさせて、流れとつながる!

魂は人生の設計図を描いて生まれてきます。

その設計図の通りに生きていけば、魂の感覚が目覚め、宇宙の流れとつながることができます。

 

設計図通りに生きるとは、ひと言でいうと、「使命を自覚して、使命に生きる」ということです。

 

使命は11人固有のものですが、同時により大きな意識のものでもあります。

使命に生きることで、集合的無意識とつながることができるのです。

 

 

 

 

■まとめ

シンクロは24時間、いつでも、どこでも起きています。

インスピレーションやひらめきや、直感も、24時間、いつでも、どこでも起きているのです。

 

しかし、多くの人は気づきません。

貧乏マインドの人は、貧乏になるためのインスピレーションやひらめきや、直感を採用してしまいます。

だから、現実でも貧乏になってしまうのです。

 

シンクロをマネジメントするといっても、結局は、マインドを変える必要があります。

 

貧乏マインドをお金持ちマインドに変えるには、潜在意識にアプローチするのが一番です。

潜在意識を書き換えるのは、ヒプノセラピーの得意分野です。

 

シンクロ体質になりたい人は、ぜひ、一度ヒプノセラピーの個人セッションを受けてみてください。

 

 

 

※ヒプノの個人セッションのお申し込みはこちらです≫≫