人生を変えるための7つのステップ

人生を変えるための7つのステップ

 

「人生を変えたい」と多くの人が思っています。

 

たとえば、日本人の平均年収は420万円だといわれています。

20歳の年収は170万円から200万円です。

30歳だと300万円から360万円になります。

 

多くの若者は300万円前後の年収で生活しているのです。

朝から晩まで拘束され、お得先に頭を下げ、上司の叱責を受けながら働いて、わずかの給料をもらうのです。

 

「こんな生活、一刻も早く変えてしまいたい!」

と多くの人は、部屋の壁を殴りつけてやりたい衝動にかられるのではないでしょうか?

 

■変えようとすればするほど変わらない!

 

「こんな生活、一刻も早く変えてしまいたい!」

といくら熱望しても、変えようとすればするほど、変わらないものです。

 

勉強してスキルアップすれば、もっといい会社へ転職できるし、上司の評価も上がるし、起業することだってできると思っても、なかなかスキルアップのための行動ができないでいるのが普通の人々です。

 

「お金がないから」

「時間がないから」

「自分には無理だから」

と言い訳ばかりして、年収を上げる努力をしません。

 

スキルアップすれば年収が上がることはわかっているのに、何もしないでテレビを見たり酒を飲んだりするという目先の利益に目がくらんで、ついつい楽なほうを選択してしまいます。

 

それは、まるでアルコール中毒患者のようなものです。

お酒を飲んではいけないことはわかっています。

しかし、目の前にお酒があると、酔っ払っていい気持になるという目先の利益に目がくらんでアルコールを口にするのです。

 

あるアルコール中毒患者が、マーフィー博士のカウンセリングを受けにきました。

彼は常習的なアルコール中毒患者で、薬物療法も中毒改善プログラムもいろいろ試してみましたが、アルコール中毒は治りませんでした。

 

どうしようもない、飲んだくれの飲酒家だったのです。

ところが、そんな彼が、マーフィー博士のカウンセリングを受けて、アルコール中毒をたちどころに治したのです。

 

マーフィー博士は、彼に心の方式を話し、ステップを踏んで改善するようにアドバイスしました。

この、どうしようもない、アルコール中毒患者の人生を変えた7つのステップを紹介します。

 

■ステップ1/他人と自分を許す。

 

まず自分を許すことです。すべては許しから始まります。いままでの自分を許してください。年収が低いことで自分を責めてはいけません。

もちろん、他人も責めてはいけません。他人を責めると、自分も責められますから。

他人も自分も、すべてを許すために、次の言葉を1日1回心のなかでつぶやいてみてください。

 

「私は、他の者に対して、恨み、苛立ち、悪意を抱いていたことについて自分自身をすっかり許すことにいたします。

私が他の人のことを考える場合は、いつも人生のあらゆる祝福をその人のために祈ります」

 

1日1回つぶやいていると、他人を責めたり恨んだりする気持ちがスウッと消えていく瞬間があります。

他人を責めたり恨んだりする気持ちが消えてしまったなと思ったら、次のステップへ行きましょう。

 

■ステップ2/自分が自分の人生をクリエイトしていることに気づく。

 

あなたの考えが、あなたの人生を作っています。そのことに一刻も早く気づいてください。

そして、その考えは、誰かに支配されているわけではありません。

自分の考えは、自分の思う通りに変えられないものだと思わないでください。

 

あなたの考えや思考は、あなた自身でコントロールできるのです。

あなたの考えや思考を、あなたが支配してください。

あなたの思考をあなたが支配するには、次の言葉を1日1回心のなかでつぶやいてみることです。

 

「私は、私の考え、言葉、行動、感情、反応の王様であり、完全な主人です。

私は私の思考の領域を絶対に支配しています」

 

自分の考えを自分で支配できたなと感じたら、次のステップへ進みましょう。

 

■ステップ3/できていないことよりも、できていることに注目する。

 

あなたが年収300万円の人生を送っているとしたら、あなたはどんな感情に支配されているでしょうか?

 

「このままじゃ将来が不安だなぁ」

「たった300万円しかないのか?」

「生活は苦しいなぁ」

 

そんな気持ちになっているのではありませんか?

こうした感情の裏には、欠乏感があります。

できていないこと、足りないことに注目しているのです。

 

できていないこと、足りないことに注目していると、欠乏感が支配的になり、潜在意識が貧乏な現実を引き寄せてしまいます。

 

ですから、できていないことよりも、できていることに注目しましょう。

 

「いまからスキルアップすれば将来は年収1000万を越える」

「年収300万もあるじゃないか」

「生活は楽しい!」

そんなふうに感じることです。

 

どちらの人生が経済的に豊かになるか、賢明なあなたならご存知ですよね。

 

できていることに注目するためには、次の言葉を1日1回心のなかでつぶやいてみることです。

 

「私はいままでの習慣から完全に自由になりたいと思います。

そして、悪習慣を辞めようという私の望みは、それを続けようとする願望よりも大きいことを知っています。

私の人生はすでに60%好転しています」

 

■ステップ4/心に決める。

 

年収300万円の人生から、年収1000万円の人生へと変わるのだと、心に決めることです。

心に決めたら、それを潜在意識に入力してください。

 

潜在意識に入力するためには、次の言葉を1日1回心のなかでつぶやいてみることです。

 

「私は心に決めています。

そして、私の決意に従ってそれが私にもたらされることを知っています。

私の潜在意識は、私が本気だということを知っています」

 

■ステップ5/愛する人が喜んでいる姿をイメージする。

 

1日1回、下記の文を心のなかでつぶやいてみてください。

 

「私は今、私の想像力を正しく用います。

私は、私の想像する力は人間の根本的な力であり、私の能力のうちで最大のものであることを知っています。

1日に3回、3~4分間、私と私の心のなかに映画を映し出し、そのなかで、私の母(ここに愛する人を入れる)が、私が豊かな人生を送り、幸せに暮らしていることを喜んでいるさまも見ます。

私は彼女の声を聞き、彼女の抱擁を感じ、喜びに浸ります。

私がスキルアップすることを怠けたいと思ったときには、ただちにこの心の絵を私のなかに掲げることにします。

私は、私の心の絵が神の力によって支えられていることを知っています」

 

あなたが豊かな人生を送ることを、あなたの愛する人が喜んでいる姿を想像するのです。

そのイメージワークを1日に3回、行ってみてください。

毎日続けてみて、満ち足りた気持ちになってきたら、次のステップへと進みましょう。

 

■ステップ6/夢が叶うことを確信する。

 

1日1回、下記の文を心のなかでつぶやいてみてください。

 

「私は、私の信念に応じて成果が私にもたらされることを知っています。

私は、私の望みは本物であり、私の心の絵は現実のものであり、私には無限の力がそなわっていることを知っています。

私は、私の人生が私の望む通りになっていることを知っています」

 

毎日つぶやいていると、確信が生まれてきます。

自分はすでにお金持ちの人生を歩んでいるんだという確信です。

その確信が生まれてきたら、次のステップへ進みましょう。

 

■ステップ7/夢が叶うことに感謝する。

 

確信が生まれてきたら、あなたの夢は現実化します。

経済的に豊かな人生を送るのは間違いありません。

 

次は、現実化する速度を早めましょう。

次の言葉を毎日心のなかでつぶやいて、感謝の気持ちを持ってください。

感謝の心があれば、あなたの夢が現実化する速度が10倍加速します。

 

「私はいま完全に自由であり、豊かな人生を送っています。

そのことに、感謝の気持ちでいっぱいです」

 

 

※マーフィーの法則をもっと学んで、

人生を変え、

もっと豊かな生活を送りたいという人は、

いますぐこちらをクリックしてください≫≫

 

 

 

スポンサード リンク