騒めき

麻雀女子の小説です
麻雀女子の小説です

 騒めき


 姫子



「一筒」を切るか、「二筒」を切るか。

姫子は迷っていた。

平日の深夜だけあって、神田の雀荘は閑散としている。


麻雀は、想像力と観察力で勝負が決まる。

相手の状況を観察し、予測し、自分の最良の完成形を思い描く。

自分が完成できる確率を計算しながら臨機応変に対応する。

いかに冷静に、且つポジティブな想像ができるか・・・

想像というよりは、むしろ妄想かもしれない。


4人が順に牌を引き、自分にとって要らないものを場に捨てる。

それを繰り返して、いかに早く、いかに高い点数の形を完成させるかを競う。

自分が捨てた(麻雀では「切る」という)牌が相手の完成速度を速めたり、

最終的に完成させてしまったりもする。

完成させてしまう決定打を「振り込み」というが、これには細心の注意が必要だ。

大打撃を受けることもある。


「おネエちゃん、なかなか波が来ないねえ。でも、焦りなさんな。夜は長いからな」

「ホントですよね~、気長にお付き合いください」

にこやかに返しながら、溜息が出る。


その日は、だいぶ負けが込んでいた。

場代も払えないとなったら、卓を囲んでいるこのギラついたオヤジたちは何て言うだろう?

いまどき身体で払えとは言わないまでも、もちろんただでは済まないだろう。


それ以前に、姫子には100万円しかなかった。全財産が100万円。

「生きる」という行為にかかるすべてのお金の上限が100万円ということだ。

無くなったらそこで終わり。

飲まず食わずで数日は持つかもしれないが、それ以上でも以下でもない。


無言で次の牌を引いた。

あと1牌で完成する形、聴牌(テンパイ)だ。


心が、騒めいた。

聴牌はもちろんうれしいが、麻雀打ちなら誰もが憧れる「役満」の形までもあと2牌。

役満の数学的な出現率は、最も高いものでも0.049%と言われている。

惜しい場面はよくあるが、滅多にできるものではないことくらいよく分かっていた。


まさか、ね。


順番が来て、また次の牌を引く。

「一筒」

一瞬、手が止まった。

身体中の血がカッと逆流する。


「一筒」を切れば、聴牌は継続する。

次に「三筒」を引けばこの回は私の勝ちだ。

他の誰よりも早そうだし、そこそこ高い点数もつく。


「二筒」を切れば、役満の形で聴牌する。

残り牌の数からして、完成する可能性はかなり低いがまさに起死回生の一手。


これまでの負けを取り返してなおお釣りがくる。

姫子の劣勢に内心ほくそ笑んでいたオヤジたちは、ド肝を抜かれるに違いない。


しかし「二筒」は、「一筒」にも増して非常に危険に思えた。

手に入る点数は4分の1ほどになってしまうが、「一筒」を切った方が

まだマシかもしれない。

理屈ではない、オンナの勘としか言いようのない何かが叫んでいた。

どうする? どっちだ?


いよいよ決断の時がきた。

背筋を流れる冷や汗が一瞬乾く。


今は、何としても点数を稼がなければならない。


目をつぶって、姫子はその牌を切った。



「清老頭(チンロウトウ)」


24枚しかない牌のうち14枚を集める至難の役満。


出現率0.00181%。


姫子のあだ名は「役満番長」になった。


(了)



コメント: 6
  • #6

    ひろと (金曜日, 25 9月 2015 15:09)

    迫力とスピード感ある文章
    力強い
    ただ麻雀がわからない自分には内容が入ってこず残念

  • #5

    みか (水曜日, 23 9月 2015 09:53)

    単純明快なストーリーラインで、面白かったです。

  • #4

    桑山元 (水曜日, 16 9月 2015 20:39)

    「B」
    迫力ある緊迫感。
    もうちょっと、おじさん達との会話や、ブラフ(はったり)や当たり牌を探る会話などが見たかった気がします

  • #3

    鈴木康之 (月曜日, 14 9月 2015 22:53)

    これだと麻雀を知らない人にとっては、牌を切ることで上がれるという

    風に思われてしまうと思うのですが・・・

  • #2

    リンカ (月曜日, 14 9月 2015 15:37)


    麻雀は全く知らない私ですが、緊迫感とスピード感があってハラハラドキドキしました。

  • #1

    荒尾純平 (月曜日, 14 9月 2015 11:13)

    麻雀打ちの私には状況の緊迫度の高さが伝わってきて、忘れていた背筋の寒さを思い出させてくれました。とても面白かったです。ありがとうございました。