小説『足踏み』


「足踏み」


ハマサン  

 

 

 オフィスの窓から薄暗い光が差し込んでくる朝だった。二人はデスクから少し離れた窓際のフリースペースに向かった。  

 

 6月の梅雨らしいジメジメした天気だった。

 週の真ん中、水曜日だからだろうか、就業開始直後だというのに人々の顔も心なし沈んで見えた。  

 

 桜井課長は無造作に書類をつかんでいた。それは朝一番に部長から課長へ手渡された書類だった。小川はそれが何か知っていた。何故なら、部長が「今年試験に通らない奴は、暑い所か寒い所へトバス!」と言いながら渡していたからだ。

 

 部長は部下の気持ち、いや、人の気持ちを察することが出来ない人らしい。 

 

 そんな心ない言葉を聞いた直後に、小川は桜井課長から呼ばれたのだ。 

「小川さん、おはようございます。ちょっと向こういいかな」

「おはようございます。わかりました」

「昇格試験の申し込みがきてるんだ。受ける?」

「・・・」

 小川は苦笑いをした。

 

「受け、ないの」

「はい、折角ですが・・・」

「なんで受けないんだ、なんで」

課長の眉間に皺が寄った。

 

「書くネタ思いつきそうにないんです」

「ネタって何のこと」

 

「語れるような書くべきことです」

「毎日取り組みしてるじゃない、それを書けばいいんじゃない」

 

「書けません。作業しているだけだから」

 小川は本音を言ったつもりだった。

 

「作業だなんて言うなら今よりポジション下がるよ」

課長の語気が荒くなった。

 

「ええっ、今より給料下がるんですか。今でも安くてやる気しないのに。」

売り言葉に買い言葉の小川だった。

 

「そんなこと言うなら、君と同じポジションでも、もっとやる気のある人を応援したくなるな。あ~あ、残念だな」  

 

 デスクに向かう人たちが、仕事をするふりをしてじっと聞いているのを感じた。

 

 (そんなこと言うなら、私じゃなくって、あなたが応援したい人に仕事をまわせばいいんじゃないですかぁ)

 

その最後の言葉だけはなんとか飲み込んだ。  

 

本当は、今年こそは試験がんばれと言って欲しかった。

本音は助けて欲しかったのだ。

 

しかし、6月のジメジメした雨は、心まで曇らせてしまうのかも知れない。  

 

水溜まりを避けることも出来ず、またぐことも出来ずに足踏みするかのような一日の始まりだった。

 

(了)