小説『豪快電話』

 


『豪快電話』


櫻ノ宮智

 

 

 

N部長が豪快に笑いながら誰かと電話している。

 

フロア全体に聞こえるような大声だから、正直いって仕事の邪魔だ。

 

重役の親戚だから部長をしているだけで、大した仕事をしていないと聞いたことがある。

 

ふと見ると、N部長が豪快に笑い胸をそらした弾みで、電話のケーブルが抜けてしまった。俺は吹き出しそうになった。

 

が、奇妙なことにN部長の楽しげな電話はまだ続いていた。

 

俺はあることに気づいて呆然とした。

 

 

そうか・・・・・・。

 

 

N部長はこれまで、電話で仕事をしている一人芝居をしていたんだ。

 

俺は哀れみと同時に少し親しみを覚えてしまった。

 

 

あとで誰も気づかないうちに、そっと電話のケーブルを接続しておいてあげよう。
 

(了)