文章テクニック19


■文章テクニック19/表記の統一

 

文章を書くにあたり、だ・である体(常体)や、です・ます体(敬体)で文の終わりを統一するのは基本です。

 

これは、できている人が多いと思います。

 

では「送りがな」はどうでしょう。

 

漢字の訓読みには「送りがな」がつきます。

 

「走る」の「る」や「美しい」の「しい」が送りがなです。

 

この送りがなは省略されることがあります。

 

はじめに省略した形で書いたのであれば、その後も省略した形で書き続けましょう。

 

ただし、公式の文章はすべて省略しない形で書きましょう。

 

 

1) × 宝くじが当り、豊かな暮らしをする。

         

           ○ 宝くじが当たり、豊かな暮らしをする。

 

 

ほかにも「繰り返す」や「身に付ける」といった言葉も注意しましょう。

 

「繰り返す」は「くり返す」でも間違いではありません。

 

しかし、はじめに「くり返す」と書いたのであれば、その後は「くり返す」に統一しましょう。

 

「身に付ける」と「身につける」も同様です。

 

あと、都道府県名などにも気をつけましょう。

 

 

2

× 車で東京都から神奈川へ  → ○ 車で東京都から神奈川県へ

 

× 電車で新宿駅から東京へ  → ○ 電車で新宿から東京へ

 

 

 

常に同じルールで表記するように心がけましょう。