小説『茶髪とピアス』


『茶髪とピアス』

 

和音

 

 

俺の勤務先である農協へ、都内から来た彼をみて絶句した。

彼を正式採用するかどうかは、俺の判断にかかっている。
どうしたものだろう?


髪は金髪で片方は刈り上げてあり、耳にはピアスがいくつも付いていた。

 

腰には布を巻いている。というか、どうみてもスカートである。

 

課長の知人でフリーデザイナーだそうだ。

 

 

いまTPPや過疎化問題のうえに、農協を通さずネット販売している生産者も増えた。

 

特産物をモチーフにゆるキャラを作ることになり、その救世主に町をご案内することになった。

 

愛想笑いもせず、町を見渡せるところに行きたいと言った。

 

少し意地悪な気持ちになってきたので、車を止めヤブの中を登ると、少し拓けた所に出た。

 

 

細身のわりには、遅れもせずついてきたが、汗で髪はグシャグシャで、ブーツは泥まみれだった。

 

 

「良いところだな」

 

そう呟いた彼の横顔は、夕陽に染められ汗がキラキラしていた。

 

俺はお気に入りの居酒屋へ誘ってみようと思った。

 

(了)