この本を読みんさい/老人と海


『老人と海』(アーネスト・ヘミングウェイ

 

この本はぜひ読んでおいて欲しいなあ。小説を書く人も、書かない人も、一度は読んでみてください。素晴らしい作品です。

 

 

『老人と海』(ろうじんとうみ、The Old Man and the Sea)はアーネスト・ヘミングウェイの晩年の海洋小説です。1951年に書かれ、1952年に出版されました。名作とされて世界的なベストセラーとなり、ヘミングウェイの1954年のノーベル文学賞受賞には、この作品によるところが大きいといわれています。

 

作品の着想は、キューバの首都ハバナから少し東に行ったコヒマルという漁港をブラブラと散策していたときのこと。漁師から面白い話を聞いたんですね。巨大なカジキを釣り上げた老漁師の話です。ヘミングウェイはその話を聞いたときに、ピンっときたんでしょうね。それで、一気に小説を書き上げちゃったんですよ。

 

シンプルで骨太のストーリー。そのしっかりした物語のなかに、さまざまな教訓や啓示、インスピレーションが豊富に盛り込まれています。

物質文明に慣れてしまった現代人に、原始的な生活をする老人の人生は大きなアンチテーゼを投げかけてきます。

 

「人生は戦いだ」という普遍的なメッセージも読者の胸にビンビン響いてくるんです。何とも凄い作品です。強い生命力を感じさせてくれますし、生きる勇気を与えてくれる。そう言う小説です。

 

A man is not made for defeat.(人間は敗北するように作られていない)

 

この名言があるのもこの小説です。

 

ストーリーは単純です。その貧しい魚村では、何日も不漁が続いていました。誰が海に出ても魚が釣れません。若者たちは、すっかりあきらめてしまっています。漁に出ることさえしなくなりました。ところが、ここにひとりの老人漁師がいます。この老人は小舟に乗って漁にでます。海に出て何日かして、舟よりも大きなカジキを釣ります。釣ったのはいいんですが、小舟にあげることができません。老人は舟のうしろにカジキを縛りつけて、帰港します。

 

ところが、港につくまでに、そのカジキを狙ってサメたちがやってくるのです。老人はそのサメと格闘します。疲労も極みに達したとき、カジキを食べつくしたサメたちは逃げていきます。

 

港についたとき、老人の舟には、骨だけ残ったカジキがついていたのです。

 

老人は魚を持ち帰ることはできませんでしたが、不漁続きで漁をあきらめていた村人たちに、「海に出れば魚はいるぞ」ということを知らしめます。もちろん、老人は何も語りませんが、舟のうしろについているカジキの骨がそれを雄弁に語っているのです。

 

老人が持ち帰ったものは、単なるカジキの骨ではありません。それは「希望」です。

 

ストーリーを全部語ってしまいましたが、ストーリーを超えた楽しみがこの小説にはあります。だから、ぜひ、読んでみて!

(高橋フミアキ)