実際に出版した企画書


『一瞬で心をつかむできる人の文章術』はこんな企画書からはじまった!

 

僕が書いた本のなかでもロングセラーを続けている本です。2007年に出版された本ですが、いまだに平積みしてくださっている本屋チェーンがあるそうです。

文章術は情報が腐りませんから、息が長いんですね。

『一瞬で心をつかむ、できる人の文章術』(コスモトゥーワン)が売れたおかげで、僕は次々と本を出版することができました。ホントにこの本には感謝しています。

 

下記は、この本を出版するとき、出版社に僕が送った企画書です。タイトルも内容も大きく変わっていることがわかると思います。一度、『一瞬で心をつかむ、できる人の文章術』を読んでみてください。その違いにびっくりすると思います。

 

今でも覚えています。下記の企画書を送ると、3社の出版社からオファがありました。そのうちの1社が(株)コスモトゥーワンさんでした。

それから、編集者とのやりとりがはじまり、企画自体を大きく修正しました。何度か提案し、修正を加えて、最終的にOKとなったのです。そこから、いよいよ原稿の執筆。約3か月で書き上げ、修正、加筆などのやりとりを経て本になったわけです。

 

いずれにしても、3社の出版社が下記の企画書に反応してくれなかったら、いまの僕は存在していません。僕の運命を大きく開いてくれた大事な企画書を、ここで公開します。

 

出版社が3社もオファをくれた、その秘訣がどこにあるのか、考えながら読んでみてください。その秘訣は、すみません、僕の文章スクールでお教えします。

 

(高橋フミアキ)

 

 


実際に出版した企画書が、これだ!

 

 

 

 

 書籍編集部 担当者御中 

 

               《書籍企画書》          

 

■タイトル   『ハートフル文章のすすめ』 

      

 

 

■キャッチ

    「文章スクール」の名物講師が教える、とっておきの文章術

 

 

 

 

  著者名:高橋フミアキ (たかはしふみあき)

 

■企画の意図

文章はその人の心をあらわします。心がすさんでいたら、すさんだ文章になります。逆に喜びの心で書いた文章には、喜びが伝わります。感謝と喜びで文章を書くことが「ハートフル文章」です。

本書は、文章の書き方を伝授するだけでなく、書くときの心のありかたを説きます。喜びを文章で伝えれば、必ず喜びが返ってくる。人生の知恵を文章に書けば、もっと大きな知恵に出会うことができる。口先からでた言葉は人を傷つけ、周り巡って自分の身を破ってしまう。しかし、心から出た言葉は、発信した人の身を飾る。そんなハートフルな文章を書くことを本書はすすめます。

 

 

 

■企画の特徴

・ハートフル文章は心からでて、自分自身を豊かにする。このコンセプトを紹介します。

 ・前半部分はエッセイとして気軽に読めるだけでなく、文章を勉強するひとたちのためのテキストにもなるように、さまざまな文章テクニックを駆使して書いていきます。

 ・後半部分は「文章スクール」で実際に教えている文章テクニックや文章の書き方を伝授します。

■ターゲット

  主婦

  団塊世代

  その子ども

 

■目次案

 

 

プロローグ 添付 

 私がハートフル文章を書くようになったいきさつ

 

ステップ1 ハートフル文章が人生を変えたみたい 

  自分のやりたいことが見つかったかも

  何のために生まれてきたのかがわかりかけてきた

  寂しいときに自分を癒してくれたり

  感受性が強くなったことはたしか

  心が伝わるとやっぱ嬉しいよね

  感謝の手紙を受け取ると心が明るくなった

  いつの間にか夢中になってた

  人間関係がちょっと変わったような気がする

  手に入れたいものを書けば応援者が現れた

  喜びを伝えると喜びが返ってきた

  100年後の知己を求めて小説を書いてみたりして

  自分の周囲をハートフルな言葉で飾ってみる

  自分が先に豊かで幸せになってもいいんだよね

  人はほうっておいても自然と豊かになっていくんだって

 

ステップ2 文章力を身につけた人とつけていない人 

  何を言っているのか話がよくわかない人

  自分の主張を曲げない人

  言葉が出てこない人

  アイデアが貧困な人

  テレビの受け売りをする人

  人の話を聞かない人

  意味不明の日報を提出する人

  司会進行ができない人

  ビジネス文書や企画書が書けない人

  すぐ怒る瞬間湯沸し器の人

 

〈コラム1〉

日記療法でうつ病が治ったらしい

  

 

ステップ3 いままでの文章教室ではなぜ駄目なのか

  自由に書けといわれても

  起承転結ってなによ?

  国語の読解力テストって役に立つの?

  読書感想文にストーリーを書いたら叱られた

  話すように書けばいいって簡単にいいますけどねえ

  算数や理科、社会の成績が悪かったわけ

  教わったのは原稿用紙の使い方だけ

  添削指導しかしてくれない文章講座

  感じたことなんかそんなにないよ

  よけいに書けなくなるひとこととは?

 

〈コラム2〉

素人の主婦が雑誌編集者になった

 

 

ステップ4 たった15分でスラスラ書けるようになった驚異の文章テク

  怠け者の女子中学生が一気に書き始めた

  オチを先にみつける

  ストーリー仕立てで書くテクニック

  書くための準備

マインドマップ/グループワーク

 

〈コラム3〉

女子高生が300枚の小説を書いてしまった

 

 

ステップ5 もっといい文章を書くための極秘テク

  結論を先に書くテクニック

  疑問を先に書くテクニック

  論理法を利用するテクニック

  ストーリーを挿入するテクニック

  じらしのテクニック

  推敲テクニック

 〈文法ルール集〉

 

エピローグ 

 

    ハートフル文章を書く人の数が増えれば、社会の雰囲気はがらりと変わるはず

 

 

 

 

 

■装丁、単価の希望: 単行本 200ページ前後  1200円前後

 

 

 

著者としての販売の協力

  著名人の推薦。ホームページ、メルマガ、ブログ等で告知。文章スクールの教材として買い上げる。書店回り。マスコミへのPR。                                                               

 

■著者プロフィール 高橋フミアキ  (本名:高橋文秋)

「ちょっと豊かでまあまあ幸せな作家」。株式会社東京クリエイターズネット、代表取締役社長。

作家・井伏鱒二と同じ広島県福山市加茂町出身。世田谷在住。

20代の頃、今は亡き文豪・中上健次氏と出会い、小説作法や文章の極意を学ぶ。以後、文学への思いを熱くする。「ものを書くという職業がある限り、この世に無駄な人生などどこにもない」という言葉を信条に、ハートフルな文章を心がけている。

広告代理店に10年間勤務しテレビ広告を手がける。その時、キャッチコピーやセールスレターなどの文章に目覚める。

2002年に企業組合東京クリエイターズネット(現在は株式会社)を設立し、フリーのライターやデザイナー、エディターなどをネットワークし、雑誌・書籍の編集制作、広告制作などの仕事をしている。

著書に「大富豪のおじいさんの教え」(Nanaブックス刊)がある。

以前から行っていた文章ワークショップをパワーアップさせ、20074月に「文章スクール」をスタートさせた。