小説『滴り落ちる冷麺の中で』

 

『滴り落ちる冷麺の中で』


 RAIZO(ライゾウ)

 

 

 

ガコン。
ケイコが朴(パク)の股間を蹴り上げたのは、大久保の韓国料理屋での晩だった。

 

「アンタが私を一生、大事にするって言ったから覚悟、決めて産もうと思ったのに、そのアンタが、今更、クニヘカエリタイって、どういうこと?」

 


完全にケイコは何かがぶっ壊れていた。

 

こんなケイコの哀れな姿は予想外だったが、しばらく呼吸のできなかった朴の悪戯心には更に火がついた。

 

「カエリタイカラ、カエリタイダケダ」

 

瞬間、ケイコがぶん投げた冷麺の皿が朴の顔面に直撃する。

朴の額から垂れ落ちる縮れ面とキムチ。

おまけに鮮血まで混じりやがる。

演出としては、ちょっ過剰だったかな・・・。

消えゆく意識の中で朴は、額に残る麺で拭い、その手を左ポケットに入れ、ゆっくりと小さな箱を取り出す。

 

 「なによ、コレ?」

錯乱状態のケイコは小さな声で呟く。

 

「・・・ケッコンシヨウ」

そして、力尽きた朴は顔面からテーブルにうつ伏した。

ケイコはまだ事態が飲みこめていなかった。

(了)